top of page

Facing the Crowd- Managing other people's insensitivities to your disabled child

Facing the Crowd- Managing other people's insensitivities to your disabled child 著者 Deborah Fullwood & Peter Cronin 発行 Royal Victorian Institute for the Blind (オーストラリア)

発行年 1986

 

この本はオーストラリアきょうだい支援プロジェクトのケイトの本で知り、オーストラリアから取り寄せました。視覚障害の子どもを持つ親向けに書かれた本ですが、他の障害の子どもの親、きょうだいにも役に立つものです。タイトルを直訳すると、「群衆に立ち向かう-障害のあるあなたの子どもに対する他人の無神経さに対処する」といったところでしょうか。

 

第1部 枠組み 1 どうして他の人と一緒にいると居心地が悪いのか 2 どうして人はときに無神経なのか 3 どういった種類の人が無神経なのか 4 ある状況のときに、より居心地が悪いと感じるか 5 無神経な人がいたときに、自分にできることは本当にあるのか

 

第2部 戦略 6 自分自身の「閾値」を知る 7 自分自身に話しかける 8 ロールプレイ/リハーサル 9 緊張をやわらげる 10 アサーティブになる(自分に自信をもって意見を言う)/ジレンマのあらましを考える/基本的なルールを決める 11 正しい言葉を準備して発する 12 主導権をにぎる/他人の反応を形作る 13 類似点を強調する/相違点に触れる 14 ユーモアを使う 15 決まり文句に対処する 16 まとめ

 

第1部の3章「どういった種類の人が無神経なのか」では、無神経なことを言う人を5つのグループに分けています。そして、グループごとに対処法を考えようと提案しています。1 心から大事に思っている人たち-親戚、仲のよい友だち、好意的な近所の人、理解のある同僚 2 味方にしておきたい人たち-サービス提供者、医者、学校長、担任、ソーシャルワーカー、療法士など 3 離れられない人たち-親友の夫/妻、隣の家の人、両親、義父母、義姉妹、学校での委員会、前夫/妻、いつも行くお店の人など 4 見知らぬ人あるいは大事にする必要のない人-スーパーで会う人、バス停で会う人、病院の待合室で会う人、サッカーの試合観戦で会う人、たまに会う人、めったに会わない人、二度と会わない人 5 子ども-(無神経な)質問をしてくる子どもの背後にその親がいるか否かで、居心地の悪さは変わってくる

最新記事

すべて表示

米国の出版社「Woodbine House」閉店

米国きょうだい支援プロジェクトのマイヤーさんの著書5冊も含め、37年間障害者福祉関係の書籍を出版してきた、米国の出版社Woodbine House(ウッドバインハウス)が2022年6月30日に閉店します。 マイヤーさんによれば、他の出版社が関心を持つようになるよりずっと前からウッドバインハウスはきょうだいの問題に関心を持っていて、マイヤーさんが提案した企画を常に受け入れてくれたそうです。 マイヤー

Uncommon Fathers

Uncommon Fathers: Reflections on Raising a Child With a Disability 1995/6/1 Woodbine House 英語版 Donald J. Meyer (編集) きょうだいに関する本ではありませんが、米国きょうだい支援プロジェクトのドナルド・マイヤーさんのご著書のため掲載します。

Komentarze


bottom of page