SibNet


特別なニーズのある人たちの、成人したきょうだいたちのための
インターネットにおける初の(そして唯一の)メーリングリストです。
(訳注:メールのやりとりは、すべて英語です!)

きょうだい支援プロジェクトがSibNetについてお知らせします。SibNet(きょうだいネット)は慢性疾患・発達障害・精神疾患をもつ人たちのきょうだいのための、そしてそうしたきょうだいについての最初で唯一のメーリングリストです。

 

SibNetに入ろう!
私たちはSibNetが青年期以降のきょうだいにとって情報を分かち合ったり、共通の関心ごとについて話し合ったりすることができる場となることをめざしています。そしてまた両親、福祉サービス提供者、そしてきょうだいの安寧に関心のある人たちにとっても興味深いものとなってくれるよう願っています。

(まだ幼いきょうだいたちには、SibKidsへの入会をお勧めします。自分たちより年下のきょうだいとおだやかにいろいろな意見や経験を分かち合いたいと思う、年上のきょうだいもSibKidに入会できます。)

訳注:現在のSibNetは当事者であるきょうだいのみが参加でき、親やサービス提供者は参加できません。また、SibKidsは閉鎖され、現在は運営されていません。2020年5月1日追記。

SibNetに参加すると、少なくとも以下のことができます。

  • 同じ立場の仲間と出会えます。特別なニーズのある兄弟姉妹とともに成長していくことについて、同じ立場の仲間と話すことなど一度もなかったというきょうだいが大勢います。SibNetは、よかったとき、たいしてよくなかったとき、その間にあるすべてのことを、「理解できる」人たちと分かち合う場となるでしょう。

  • きょうだい児および成人したきょうだいのために、さまざまな取り組みを行っている人たちとつながることができます。

  • それぞれの地域に関する情報が得られます。成人したきょうだいの多くはたとえ別の州に住んでいるとしても、自分たちが兄弟姉妹の生活に次第に深く関わっていくようになることに気づきます。SibNetに入会した人は、自分たちのきょうだいが住んでいる地域社会におけるサービス、事業、施策について調べることができます。たとえば、シアトルに住んでいる姉(妹)がサクラメントに住んでいる兄(弟)の住居選択(グループホーム、施設など)について調べることができます。

  • 兄弟姉妹のための出会いを生み出すことができます。たとえば、タルサに住んでいるSibNetに入会した人は、タンパに住んでいて、ボーリングが大好きな兄(弟)に、地域で彼に適したリーグがないかどうか調べることができます。

  • 行政機関がもつべききょうだいに向けた適切な政策について話し合うことができます。ほとんどの家族においては、特別なニーズがある人と最も長期にわたる関係をもつことになるのは、そのきょうだいです。きょうだいには、行政からの留意や深い配慮があってしかるべきなのです。


SibNetへの参加方法(簡単で、無料!)

最も簡単な方法は、きょうだい支援プロジェクトのサイトの説明ページ(https://www.siblingsupport.org/connect-with-others-sibs/meeting_other_sibs_online/sibnet)にアクセスする方法です。そこに書かれている手順にしたがって登録してください。

これで手続きは完了です!判断は皆さんに任せますが、SibNetは節度あるメーリングリストとなっています。心ない中傷を書くような人はまずいないでしょう。異なった意見を妨げるのは、私の意図するところではありません。それほど心配はいらないでしょう。なぜならば、私はこれまでの経験から、きょうだいの人たち---自分たちの兄弟姉妹のことを気にかけている人たち---は、この世界に生きている最もすばらしい人々の一群だということを教えられたからです!SibNetで会いましょう!

きょうだい支援プロジェクト ディレクター  ドン・マイヤー(Don Meyer)
 

HOME
きょうだいが
親とサービスプロバイダーに知っておいて欲しいこと
きょうだいの
​重要性を見過ごせない理由
成人した
​きょうだいへ