top of page

2023年5月に調べたヤングケアラー関連の情報

【はじめに】

「The International Community of Practice on supporting siblings of people with disabilities(International Sibling's COP)」で、若い日本のきょうだいお二人と一緒に日本のきょうだい支援の歴史を話す機会があり(2023年5月28日)、その準備の際にヤングケアラー関連の情報を調べました。そこで、自分のための忘備録も兼ねて、ブログとしてアップすることにしました。


障がい児のきょうだいすべてがヤングケアラーになるわけではないという事実、ヤングケアラーの抱える課題だけがきょうだいの抱える課題と解釈されては困るという思いから、実は今まで私はヤングケアラーについてはあまり情報を追っかけていなかったのです。


International Sibling's COPとは何かという説明は今回は省かせていただきますが、米国のThe Sibling Leadership Network のサイトに掲載されているPodcastのエピソード19「International Sibling Support」の中で話題になっていますので、そちらをご参照ください。

 

【2023年5月に調べたヤングケアラー関連の情報】


2020年 毎日新聞社が総務省の就業構造基本調査を再集計し、ヤングケアラーの数を推計。

オーダーメード集計 | 総務省 | 就業構造基本調査 / 2020年01月06日 提供


2020年3月 三菱UFJリサーチ&コンサルティング

 令和元年度 子ども・子育て支援推進調査研究事業 ヤングケアラーへの早期対応に関する研究

 ヤングケアラーの早期発見・ニーズ把握に関するガイドライン(案) 令和2年3月

2020年3月 三菱UFJリサーチ&コンサルティング

 令和元年度 子ども・子育て支援推進調査研究事業 ヤングケアラーへの早期対応に関する研究報告書 令和2年3月

2021年3月 三菱UFJリサーチ&コンサルティング

 令和2年度 子ども・子育て支援推進調査研究事業 ヤングケアラーの実態に関する調査研究報告書 令和3年3月


2021年 政府は、2022年度から3年間をヤングケアラーへの支援を強化する「集中取組期間」と定めた。2022年には、ヤングケアラー発見の着眼点、連携して支援する内容をマニュアルにまとめ、特定の自治体でのモデル事業が進められた。


2023年4月 こども家庭庁発足

 サイトにヤングケアラーに特化したページあり


2023年4月 こども基本法施行

 こども基本法は、こども施策を社会全体で総合的かつ強力に推進していくための包括的な基本法として、令和4年6月に成立し、令和5年4月に施行された。


2023年4月 こども家庭庁の動き

「障害や発達に課題のあるこどもや家族への支援に関する家庭・教育・福祉の連携についての合同連絡会議(第1回)」が、令和5年4月20日(木)に開催された。

 

【英語の記事】


Editorial: Time for a national plan to support Japan's 'young carers'

April 15, 2021 (Mainichi Japan)


Editorial: Society needs to extend a helping hand to Japan's young carers

April 15, 2022 (Mainichi Japan)


2021.05.17 18:29Nation

Japan Draws Up Measures to Support Young Carers

 

【英語の記事に書かれている情報の日本語】

ヤングケアラーの支援に向けた福祉・介護・医療・教育の連携プロジェクトチームについて

令和3年3月から、厚生労働省との連携プロジェクトチームを設置し、関係機関が連携してヤングケアラーを把握し、適切な支援につなげるための方策について検討を行い、5月にとりまとめを行いました。


ヤングケアラーに関する調査研究について

厚生労働省において文部科学省と連携し、ヤングケアラーに関する調査研究を行いました。


ヤングケアラーの支援に向けた福祉・介護・医療・教育の連携プロジェクトチーム

 

bottom of page