大人のきょうだいの状況を調べるアンケート調査を実施中です

更新日:2021年11月14日

親が年老いて障がいのある子の世話をできなくなったときの将来の計画をきちんと立てることはとても重要ですが、いろいろな障壁があって計画を立てられない家族が世界中にいます。

米国では、障がいのある人の家族が将来の計画を立てることを後押しするプログラム(The Future Is Now)が開発されたり、親代わりを引き受けざるを得ない、あるいは自ら進んで親代わりを引き受けたきょうだいたちをサポートするための組織(The Sibling Leadership Network)が活発に活動したりしています。

そのThe Sibling Leadership Networkとのつながりから、このたび日本でも大人のきょうだいを対象とした大規模オンライン調査「障害者のきょうだいが家族に対して行うケアに関する現状と課題」を実施することになりました。


Sibling Leadership Network(SLN)研究プロジェクト日本チーム (50音順)

有馬靖子(きょうだい支援を広める会)・萩原真由美(カンザス大学)・滝島真優(目白大学)・松本理沙(北陸学院大学)


調査対象は18歳以上の大人のきょうだいです。


調査メンバーの一人が下記のサイトに調査開始までの経緯をまとめてくれましたので、こちらもお読みのうえ、調査にご協力いただけると幸いです。

Sibkoto


調査協力をご検討いただける方は、以下をクリックして、説明文をご覧ください。

・匿名でご回答いただくアンケート調査です。

・回答には、20~30分程度の時間を要することが予想されます。

・スマートフォンからでもご回答いただけますが、設問数が多いため、パソコンからの回答をお勧めしております。

・その他、詳細はリンク先をご参照ください。


障害者のきょうだいが家族に対して行うケアに関する現状と課題

―きょうだい関係とケア責任、将来の計画の観点から―

最新記事

すべて表示

シニア層のきょうだいが抱える課題とその解決を一緒に考えてくれている仲間が、新しくブログを開設されました。 きょうだいと福祉をつなぐNEWSサイト しぶふく ブログに書かれているご挨拶文の一部をお借りして、ご紹介します。 しぶふくの「しぶ」は、英語のsibling(きょうだい)から取りました。障害のあるお子さんの兄弟、姉妹のことを最近は「きょうだい児」と言うようになっていますが、ここでは、すでに成人